あなたらしさを、色で見せ、思いを伝えていく

どれだけ熱い想いをもっていても、伝えたい人に届かなかったら意味がないですよね。
あなたらしく、発信する。
そう言われても、自分らしくってどんなんやろうって思いますか?
じっくり話をきいて、あなたらしさを受け止め、それを表す色を導きだします。

色は無言でメッセージを発します。

親しみやすい色、情熱を感じる色、安心できる色、信頼できる色、、、
ふさわしい色を選んで、必要な人に想いを届けましょう。

あなたの評価、グレーゾーンに見られていませんか?
第一印象で信頼されていなければ、悩みを解決できるすばらしいサービスを提供しているのに、依頼されることはありません。
せっかく発信をがんばっているのに、あなたやサービスの強みを感じられなければ興味をもってもらえない。
facebookやブログの写真、名刺やチラシの見た目が整っていないと、お客様から信頼してもらえない。

色は見た目の8割をしめています。何色かで印象がガラッと変わる!
上手く使わないと、思いもよらない印象をお客様に与えてしまって去られてしまいます。そんなの悲しいですよね。

色をうまく使うことができると、写真やツールが必要なお客様の目に止まります。
伝えたい思いやサービス内容を読むステップに自然と進んでもらえるので、自分の土俵で戦うことができます。
そう。見た目が整っていてはじめて、お客様にこちらを意識してもらえるようになるんです。
上手く表現できていると、それを必要としているお客様からの信頼を得られ、契約率を引き上げる事も可能になります。

カラーブランディングを受けた女性の物語

2019年、秋。突然の退職。これまでのキャリアを活かし、起業することを決めた一人の女性。
さぁ、何から手をつけたらいいんやろう。
これまでの経験上、色は人の無意識に働きかけることを知ってる。
でも、自分ではどうしようもない。
そうや!カラーコーディネーターに相談してみよう。
決断力が早い女性は、迷うことなく私の元に、ご相談に来られました。
自分が大切にしている思い、人生のテーマ、誰の役に立ちたいのか、どんな仕事をしていきたいのか、話しているうちに、彼女の頭の中がどんどん整理されていくのを感じます。

「突然、2カ月後に起業すると決めたものの、何から手をつけたら良いのか全く分からなかった。」
「それが、カラーブランディングのために受けたヒアリングで、起業までに何をすれば良いのかステップが見えてきた。」

ブランドカラーが決まり、ロゴが完成し、プロフィール写真を撮り、ホームページやチラシもどんどんできていく。
「すごいスピードや!はじめに相談してからまだ1ヶ月しかたっていないのに。」
主になって進めてくれる存在がいるって、なんて頼もしいんやろう。
そのおかげで、起業後のセミナー準備やお客様への連絡とか、自分にしかできないことに集中できる。
こんな素敵な声を頂き、彼女は・・・

~無事に開業~

2ヶ月前は何も決まってなくて、どうしたものかと思ったけど、形が整った状態で新しい事業をスタートできた!
お客様や昔から知っている周りの反応がすごい!

「起業したばかりとは思えない!」「完成度が高すぎて、ずっと前から起業することが決まってたんかと思ったわ!」と驚かれたそう。

カラーブランディングはただ色を決めるだけの作業ではありません。

自分の軸を確認し、それを理想のお客様と共有できるように、お客様が目にする全ての物に反映していきます。
そうすることで、サービスの価値が高まり、信頼を得ることができ、依頼に繋がっていくのです。

あなたの想いをじっくり聞いて、受け止め、見せ方を考えていきます。
色が与える印象を熟知している専門家にしかできない提案力があります。

これまでに政治家、起業家のカラーブランディングを行ってきました。
あなたを支えるパートナーになります。