色を選ぶ機会は意外と多い。

朝起きて着替えるとき、
パンを焼いてのせるお皿を選ぶとき、
コーヒーを入れようとマグカップに手を伸ばすとき、
バッグを選ぶとき、
アイシャドウの色を洋服に合わせるとき、
新しいソファを買うとき、、、、、

もしかしたら色を選んでいるつもりはないかもしれないけれど、そこには必ず色がありますよね。

どんな色を手にしていますか?
何気なく手にした色が、あなたの気分をより良いものにしてくれているかもしれません。

色を変えると、気分も変わったり、印象が変わったりするものです。

それが、色の面白いところ。

色彩学には「色彩心理」という分野があって、色が心に与える影響を学ぶことができます。
身近で活用されているものが多くあります。

毎日色を選ぶ機会がある私たち。
無意識に選ぶのも良いけれど、どうせなら色の効果を知った上で選んではどうでしょう?

毎日の楽しみが増えるんじゃないかなと思いますよ^^

色を選ぶことが楽しくなるセミナーも行っています!
色のおはなしに興味のある方は、ご連絡くださいね。

お問い合わせ

お問い合わせの項目 (必須)